topimage

2017-05

公園散歩と小話 - 2017.05.03 Wed





先日は
主人と幾つかの公園を巡りました

せせらぎ


小さな川ですが、鯉やエビの稚魚がたくさん生息し
初夏には、蛍が出現しますよ
ここは人が殆ど居なくて穴場なんです


藤

あと、一週間早く訪れたかった藤の花
残念ながら地面は花びらの絨毯が敷き詰められていました


藤の花を見かける度に母方の祖母を思い出します
母方の実家は漫画「となりのトトロ」に出てくるような、田園が広がる田舎で
庭に出て辺りを見渡しても隣家は全く見えず、遠方に小高い山が立ち並んでいます
都会生まれの私には不思議な世界に思え
そよ風と共に時がゆっくり流れているような、心地良さがありました
似たような田園風景が描かれている小説を読む度に、
その風景が目に浮かび郷愁に浸ってしまうのです

花好きの祖母が作った中庭には藤中心にいろんな花が植わっており
祖母は幼い私にいろんな植物の名前を教えました
藤の花が一番好きだと言った時の、
祖母の柔らかい言葉の響きが耳に心地良く残り、
今では藤の花が思い出深い花の一つとなりました



緑道公園 (2)

こちらの公園は初めて行きましたが
園内はさほど広くはないけれど
イオンをたっぷり満喫できました


緑道公園の川

水が澄んでいて
色の綺麗な鯉が泳いでいました


鯉と言えば
主人が高校生の頃、
熟睡していた真夜中に耳元で音がしたので目を覚ましたら
枕元で大きな鯉がバッタンバッタンと飛び跳ねていたという

その鯉はご近所の彫刻家のお屋敷の池にいる金色の鯉にそっくりだったので
慌てて飛び起き、金たらいに鯉を入れてこっそり池へ戻しに行ったそうです

鯉を置いた犯人は
当時居たくうちゃんという、偶然にもくうと同じ名前の猫でした

主人へのお土産ですかね
大きな鯉をどうやって運んで来れたのか本人も不思議がっていますけど
咥えて一所懸命引きずって来たのでしょうね
有難迷惑な話ですがその様を想像すると笑いが込み上げて来ます

うちのくうちゃんには出来ない芸当ですね
というか、鯉を見たら真っ先に逃げ出してしまうでしょう
何せ 蚤の心臓ですから

変わらぬ愛 (2)
変わらぬ愛

僕はウ~ちゃんオンリーだもん、仕方ないです!  
                 by くうちゃんの言い分

 
                 
長い文章を最後まで読んで下さりありがとうございました
ゴールデンウイーク中、コメ欄閉じますね(*´v`)
皆様も良い休日を・・・♪







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

くうたらねるこ

Author:くうたらねるこ



《 プロフィール 》
名前:cooper(クーパー) 
猫種:ペルシャ(ブルー&ホワイト)
2011.6.24 生まれの男子
愛称くうちゃん Q太郎
穏やかで超無口な超ビビリ君
そのビビリ度は歴代No.1(笑)
病歴:膀胱炎・腎臓結石


自称カカこと当管理者は猫、犬
鳥が大好きで特に猫中毒です(笑)
6、7年前 最愛の愛猫2匹を続けて亡くし ペットロス病を経験しました
・・・・それも結構、重症ね(笑)
その後深海の底に沈んでしまったような我が家にお茶目なくうちゃんがやって来ました♪


当管理者はアナログ世代でございます
古いギャグ等につきましては貴方様の寛容な御心でお見逃しくださいまし(笑)

cooper






※当ブログはリンクフリーです

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


♡゚・。♥リンク♡゚・。♥